へろへろ練習日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「この世界の片隅に」を観てきました

<<   作成日時 : 2016/12/25 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
24日、ムスメと一緒に「この世界の片隅に」を観に行きました。(シネモンド金沢)
(ちょっと書き足してます)
原作(こうの史代)ファンなので、心待ちにしておりましたが。
・・・クラウドファンデイング(たくさんの方から寄附を集めて制作される)という事を知らず、
知っていれば絶対寄附したのにと、じたんだ踏みましたよ。
賛同した方は、映画の最後のクレジット&パンフレットに名前が載るという・・・(^^;)

もう、絶対多くのかたに観ていただきたい作品ですよ。
内容も、クオリティも。
戦時中広島県呉市の、一人の年若い主婦(すず)の生活を丁寧に描いています。
彼女は空襲やら原爆投下やらで、大切な人々と自らの右手を失います。
身も心も傷ついたすずが、ようやく日常を取り戻していくラストの、原作には無かったその先で、もう胸がいっぱいになります。


先月公開されて、じわじわ話題になり、メディアにも大きく取り上げられるようになりましたが。
・・・石川では、ミニシアターのシネモンド金沢(100席ちょっとくらい)でしか上映されてません。
(31日よりイオンシネマかほくで、ようやく上映されるようですが・・。富山はTOHOがあるので、11月から上映されてます・・いいなぁ〜)
その日に観る分は、朝10時の開店で整理券を配るという不便さ!
24日の朝の回を観たんですが、チケ取りはみなさんダッシュでした。





画像

で。25日に石川四高記念文化交流館にて、片淵須直監督のトークイベントがありました。
17日公開日に共通チケットの販売が朝からあったんですが、根性で取って参りましたよ。
買った順に席取りできたのですが、私は26番。
1番から10番くらいの方々は、「一体何回観てるんだ?!」くらいのコアなファンだったようで、率先して質問なさるわ、内容が濃いわで、びっくらしました。

‘色’関する質問に対して。
すずさんの肌色がちゃんと季節で変わっていること。ケガして寝付いている終戦の夏は白いままである事。
広島湾の海の色、空の色、そして終戦の後は全体が明るくなっている事。
原作も、終わりの3ページだけ突如カラーで描かれているのですが、
なんでも、こうの先生は編集に断り無くやっちゃったんだそうで。
明かりを取り戻した呉の街を表現したかったのでしょうね。
映画では、さらに‘付け加え’があります。

‘音’に関する質問に対して。
声優さんの息づかいまで採れるマイクで録音したため、声優は身動きが出来なかった事。
焼夷弾を消す時の‘演技’について。
爆撃の音はホンモノの兵器の音である事・・・自衛隊の公開訓練などで採取したそうです。
・・・ストーリーなんか全部知ってて観てても、ホントにこわかったですよ。

登場人物は、どの人も‘のほほ〜ん’とした感じの絵柄なんですが、リアルに描き込まれた風景の中に立つからこそ、その時間の中に‘生きている’事を訴える事が出来る、と。
それをより感じるためには、やっぱり劇場で観る事が一番だ、と監督はおっしゃってました。
(^^)/
みなさん、シネモンド(31日からはイオンシネマかほくでも)に行きましょう!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「この世界の片隅に」を観てきました へろへろ練習日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる